廊下

金属複合型の人工木材なら強度向上が可能

青空

ウッドデッキを設置する際に心配なのが、寿命や耐候性だけでなく、強度的な耐久性があります。ウッドデッキには常に荷重がかかり、手摺などは瞬間的に大きな力がかかることもあり、破損リスクを伴います。天然木材では耐久性に不安を感じるのであれば、人工木材をウッドデッキに採用してください。
天然木材は、強度の高い材質といっても個体差があり、部分的に弱い場所や個体差で強度が低いものも含まれています。しかし、人工木材は工場で木材を破砕したものとプラスチック樹脂を混合圧縮成形し、より強度が安定したものになっています。さらに瞬間的な荷重に強い人工木材もあり、中空構造の骨格としてアルミ素材を使用しているものもあります。長時間に亘り荷重がかかる場所、手摺など瞬間的に大きな荷重がかかる可能性がある部品などには人工木材は安全性も得られるためおすすめです。
また、天然木材は強度を高めるため、多くの材料を使用するケースが多いものの、人工木材の場合は材料を減らすこともでき、ウッドデッキの設置費用を抑えられる可能性があります。また、金属混合の人工木材ではより軽量な構造にすることができ、屋上やベランダなどに設置する際にも運搬コストが抑えられるといったメリットもあります。
天然木材に強度的な不安、さらには重量的な問題を感じている方は金属複合型の人工木材を検討してください。

Choices Article

TOP