廊下

人工木材はブラシと中性洗剤が使用可能

木々

屋外で風雨にさらされ、砂ぼこりや油汚れが日々蓄積するウッドデッキは時間経過で汚れが目立ち始めます。天然木材のウッドデッキは湿気や直射日光により木材自体も劣化していきます。しかし、天然木材の場合、汚れが目立ち始めたからといって洗剤やブラシで清掃するとさらにウッドデッキを傷めてしまいます。そんな問題も人工木材なら解決できます。
人工木材は、100%プラスチック樹脂の製品ではなく、木材とプラスチック樹脂の混合リサイクル材です。経済性に優れるだけでなく、耐久性やメンテナンス性も優れています。基本となるのが木材ではなく、プラスチック樹脂ということもあり、デッキブラシを使用した水洗い、屋外での油汚れが付着した際でも中性洗剤を使用して綺麗に汚れ落としもできます。
天然木材の場合では、ブラシをかけるだけで繊維の毛羽立ちさらには表面のオイルステン塗装が剥離してしまうものの、人工木材はその心配もなく、いつもきれいな状態を保つことも可能です。
ウッドデッキを庭に設置しているものの、掃除の手間さらには経年劣化が目立ってきたというなら、鋼管工事の際に人工木材のウッドデッキに交換してみては如何でしょうか?最近では木材の価格高騰など以前と同じサイズのウッドデッキを見積した結果、高額な費用になってしまうものでも人工木材なら安くなる可能性もあります。

Choices Article

TOP